乾燥性敏感肌

乾燥する原因とは〜乾燥性敏感肌対策

乾燥が強くなってしまうと敏感肌状態になってしまいます。敏感肌になってしまうと色々な面で気を配る必要がありますので、敏感肌にならない為にも普段からお肌を乾燥させないように注意する必要があります。

その為にはお肌が乾燥してしまう原因を知っておく事が大切です。原因というのはいくつかありますが、まず挙げられるのが過度の洗顔です。

やはりお肌は綺麗な方が良いものですので、その為には洗顔を行う必要がありますが、お肌を綺麗にしたいからとって過剰に洗顔をしてしまうとお肌にとって必要な脂分まで奪ってしまう事になります。脂分が減少する事によって敏感肌になってしまいますので、過剰に洗顔をし過ぎないようにする事が大切です。

また、洗顔の時に脱脂力の強い洗顔料を使わない事も大切です。脱脂力の強い洗顔料は乾燥の原因になってしまいますし、敏感肌の場合ですと強い刺激になってピリピリした痛みが出るようにもなりますので注意が必要です。お肌が乾燥してしまう原因としては、保湿不足も挙げられます。敏感肌にならない為にはしっかりと保湿を行う必要があります。

特にお肌の水分というのは年齢を重ねるごとに減少していきますので、歳を取れば取るほど保湿が重要になる訳ですが、その保湿が不足している方も少なくありません。それではお肌の水分が不足した状態になってしまいますので、スキンケアの際には保湿を入念に行う必要があります。

因みに夏場というのは皮脂が多く出易くなりますし、湿気もありますのでお肌がしっとりしている状態になります。しかし、表面的にしっとりした状態でも肌内部は乾燥している事があります。その為、たとえお肌がしっとりしているからといって保湿ケアを怠ったりしない事が大切です。

また、夏場は汗をかいて水分が沢山出ていきますので、より入念にケアする必要があります。他にも夏場や冬場にエアコンに当たり過ぎてしまうと乾燥が進み、敏感肌の状態も悪くなるので注意しなければいけません。